弁護士の役割

交通事故弁護士の役割を知って活用する

交通事故トラブルが起こった時に

交通事故弁護士とは交通事故関連を専門に取り扱っている弁護士のことで、加害者と被害者の双方の力になってくれます。交通事故に遭った、起こしてしまった時に頼るべきは保険会社の人間と考えている人は多いですが、これは間違ってはいませんが正しくもありません。どちらの立場でも自分に有利な方が良く、そのためには弁護士に力を借りるのがもっともよい方法です。

交通事故に遭った瞬間を詳しく覚えている人は少なく、第三者が目撃していないと事実を証明するのが難しくなります。重要な点は交通ルールが守られているか、どちらに非があるかによって、その後の展開が大きく変わり気を付けなければいけません。それゆえ弁護士を頼りにするのが良く、自分の力になってくれるので有利に交渉が進むはずです。

ただ弁護士なら誰でもいいわけではなく、個人や事務所によって得意分野が違ってきて、交通事故を専門に取り扱っているところがおすすめになります。被害者の立場なら賠償金や示談金に納得できない、加害者としては法外な請求をされた、問題は被害者側にもあった、そういった問題が発生した時には弁護士を頼りにしてください。

交通事故弁護士の役割は依頼人の力になること、交通事故のトラブルを解決する手助けとなります。交通事故の場合、だいたいは示談を考えて行動しますが、時として納得できない場合もあります。主に示談金や責任の有無が焦点になりますが、これを個人が証明するのはとても難しいです。警察も捜査はしますがどちらかの味方になるわけではなく、時として不利になってしまう場合もあります。それだけに完全に味方となってくれる弁護士に依頼するのが良く、交渉によって責任の大きさや示談金の額が大きく変わってきます。

メリットとデメリットを知る

交通事故に遭った時に弁護士に依頼する最大のメリットは、被害者側なら示談金の額が大幅に増額するところです。保険会社が産出する相場水準でも、実は満額を得るのが大変な手間となります。保険会社としては少しでも支払いを減らしたいと思いますし、加害者側も同様です。心身にダメージを負って辛い状態の中で、そういった相手とやり取りをしていくのはかなり厳しいです。それゆえ弁護士に依頼するとほぼ確実に賠償金や示談金が増額しますが、メリットだけではなくデメリットも存在しているので気を付けてください。

デメリットとしては弁護士に依頼すれば費用が発生することで、時として費用面の自己負担額が示談金よりも上回ってしまうケースもあります。物損事故や軽傷の人身事故の被害者としては依頼しない方が良く、最終的な取り分は多くなるはずです。ただ被害者本人や家族が弁護士費用特約に加入している場合は例外となり、こちらがあればどんな小さな交通事故案件でも保険会社から相当な額の弁護士費用を支給してもらえます。

弁護士のメリットを最大限に活かせるのは、重症の人身事故か弁護士費用特約に加入している場合の2パターンになります。

後遺障害認定前に依頼しよう

賠償金だけなら弁護士に依頼しなくとも、やろうと思えば自分自身でも獲得することができます。ただかなり面倒なものなので、内容や金額を考えてしっかりと選ぶことが必要です。そして事故によって後遺症の疑いがある時は依頼した方が力になってくれて、有利な後遺障害等級の獲得の可能性が高まるわけです。こればかりは被害者だけでは対処できないので、交通事故を専門としている弁護士に依頼してください。
後遺症というのはこの先もずっと続いていくもので、単純に金銭を得るだけではなく、将来に備えて保証を受けるのも大切なポイントになります。後遺症が残る被害者であっても、後遺障害等級が認定されないケースは非常に多くあります。一度無等級の判断が下されてしまうと、その後に結果を覆すのはとても難しいです。それゆえ認定の手続きを受ける前から弁護士に認定サポートを依頼すれば、そのままでは無等級だったはずが等級認定をされる、より上位になる可能性が高まります。後遺障害等級の獲得は最終的には示談金にも影響を及ぼし、大幅の増額に繋がってくれます。認定の有無によって差はかなりのものとなるので、重症の人身事故被害に遭った時にはすぐに弁護士に依頼するのがよく、この時は交通事故を専門に取り扱っているところが頼りになります。

役割を知ることで依頼しやすくなります

普段の生活で弁護士と接する機会は少なく、依頼というのはハードルが高いものです。しかし自分一人では対処が難しい問題もあり、役割を知っておくことで利用しやすくなります。交通事故というのはその時の問題も大きいですが、後に後遺症で苦しむ場合もあり、後悔しないように早めに手を打っておくことが必要です。その時に役立ってくれるのが交通事故弁護士で、依頼すれば有利になるので試してください。