駐車場内の交通事故も多い

 

駐車場にも注意

交通事故が最も多いのは交差点なのですが、意外と駐車場での交通事故も多くなっているのです。駐車場はゆっくりと走行するので、交通事故が少ないと思っている人もいるでしょうが、なぜ駐車場での交通事故が多いのでしょうか。駐車場に車を止める場合、バックで駐車をすることが多いでしょう。人によってはバックが苦手な場合もあり、ずっと後ろに目が行ってしまい、周りが見えなくなってしまうことで歩いてきた人にぶつけてしまうというケースもあります。

また、たくさん車が止まっているため、発車するときに車の陰から子供が飛び出してくるなどの事故も発生しているのです。普通駐車場で子供を遊ばせないように注意するのが当然なのですが、親は子供のことをそっちのけで、他の人と話していることが多くなっています。きちんと駐車場で遊んではいけないと注意できない親も問題でしょう。さらに相手が止まって譲ってくれるだろうと思い込んでいる人が多いのも、交通事故が多い理由の1つです。

駐車場事故の特徴

しかも駐車場では人身事故だけではなく、物損事故も発生しやすくなっています。狭い場所に無理やり入れようとした場合や、隣に止めてある車が線をはみ出しているということもよくあります。逆に人身事故よりも物損事故が多いのも駐車場だと言えるでしょう。中には駐車場で死亡事故が発生した例もあるのですが、ゆっくり走行するから安全というわけではありません。しっかりと車を止めるまでは、交通事故が発生する危険があることを忘れないようにしましょう。

駐車場での交通事故は、子供の飛び出しなどを除けばドライバーが加害者になるケースが多いと言えます。駐車場で交通事故が発生した場合でも、きちんと警察に届けて、相手ともめた場合には弁護士に相談するようにしましょう。駐車場では大事故になるケースは比較的少ないので、あまり弁護士に相談する人はいないでしょうが、中には止めたときに誰かが車にぶつかってきて、文句をいうような人もいます。このようなときにも弁護士に相談するべきでしょう

交通事故が多くなる季節とは?

最も交通事故が多くなる年末

交通事故には発生しやすい時間帯があるように、発生しやすい季節も存在しています。1年間で最も交通事故が多くなるのは12月です。ようするに年末に最も交通事故が多くなるのですが、この時期になると交通事故が発生したという通報も多く寄せられますし、弁護士に交通事故に関する相談が寄せられる件数も多くなっているのです。なぜ12月が最も交通事故が多くなるのでしょうか。その理由はいくつか考えられるのですが、1つずつ見ていきましょう。

3つの理由

1つ目は年末になると仕事が忙しくなる会社が多くなります。仕事が忙しくなれば、残業が多くなって帰りが遅くなります。それが連日のように続けば、当然疲れてきて判断力が鈍ってしまうので、交通事故が多くなってしまうのです。2つ目は12月というのは最も日照時間が短いときなので、すぐに暗くなってしまいます。しかし、毎日通勤している道だからと言って、暗くなっても全く注意することなく普段通りに車を運転するので、交通事故が多くなるのです

3つ目は12月と言えば忘年会のシーズンになります。最近はあまり新年会は行わないことが増えているものの、忘年会は現在でもよく行われています。そうするとお酒を飲む機会が増えるので、飲酒運転をしてしまう人が増えることも交通事故が増えてしまう原因だと言えるでしょう。さらに車は十分に注意して運転していても、酔っぱらった歩行者が信号無視をする、横断禁止の道路を渡るなどの不注意が多くなります。これらも交通事故が増える原因です。

このように12月には交通事故が増えてしまう原因がいくつか存在しているので、1年の内で最も多くなるのでしょう。このような時期は普段よりもさらに注意して運転をする必要があります。もちろん交通事故を起こさないようにすることが最も重要なのですが、車を運転する場合には、万が一のときを考えて、交通事故に詳しい弁護士をあらかじめ探しておくとよいでしょう。そうすればいざというときにすぐ弁護士へ相談することができます。

交通事故に遭いやすい場所を把握しておく

事故に備えて任意保険

交通事故対策として有効的な方法は、任意保険に加入しておく、万が一のときのことを考えて弁護士を探しておくなどがあります。しかし、最大の交通事故対策というのは、交通事故に遭わないようにすることです。そのためには、どのような場所で交通事故に遭いやすいのかというのを知っておくことも重要でしょう。また、信頼できて万が一のときにも安心して任せられる弁護士を選ぶ基準として、ホームページに交通事故に遭わないための方法を記載していることが挙げられます。

交通事故に遭いやすい場所とは?

弁護士は依頼してくれる人がいなければ収入がなくなってしまうので、中には被害者よりも報酬の方に目が行ってしまう人も残念ながらいるのです。しかし、このような弁護士には安心して依頼できないという人が多いでしょう。そこで弁護士のホームページをいろいろと見ていくと、交通事故に遭わないように注意するべきことを載せているようなサイトも存在しているのです。このようなサイトでよく紹介されているのが、交通事故に遭いやすい場所です。

最も交通事故が多く発生しているのは、やはり交差点になっています。しかも見通しがよくて信号が設置されている広い交差点よりも、見通しが悪くて信号が設置されていない上に、道幅の狭い交差点で交通事故が発生しやすくなっているのです。さらに交差点付近から直線方向にかなり見通しがよくなっている場合には、一時停止の白線を無視して直進する車や、白線がないからと言って、そのままのスピードで走り抜けていく人が多いのも問題でしょう。

向こうが止まってくれるだろうという思い込みが事故に繋がってしまうのです。このように交通事故が発生しやすい場所を知っておくことで、この交差点は危ないから注意して走行しようと考えるようになり、その結果交通事故の発生を防ぐことに繋がります。このような内容が記載されているホームページであれば、万が一交通事故が発生して困っているときであっても、安心して弁護士に任せることができるでしょう。