交通事故の後遺障害・むちうちでは弁護士に依頼を

むち打ち

むち打ち治療の難しさ

交通事故の被害者となり、症状がむちうちであると、軽傷として扱われます。骨折や出血を伴うけがとは違って、他人からは症状がわかりにくいため、被害者は困難な状況に陥りやすいという現実があります。交通事故のむちうちを扱いたがらない整形外科医は多いですし、健康体には程遠い苦痛をかかえて、被害者は途方に暮れることが少なくありません。むちうちの診断や治療方法があまりわかっていない整形外科医も多いため、被害者は、治療に定評のある整骨院のほうを頼りがちです。実際整骨院のほうが親身になって診てくれますし、苦しい症状を軽減させてくれるので、通院するのは当然のことなのですが、後遺障害認定では、整骨院で治療していたことによって非常に不利になります。後遺障害・むちうちで整骨院をメインに通院し、整形外科医の後遺障害診断書がない場合、後遺障害認定は却下されるのが普通です。

むち打ちの後遺障害認定は交通事故に強い弁護士サポート

しかし、現実には後遺障害に苦しんでいるわけですから、認定は受けるべきです。認定を受けるためには、事故後早い時期から交通事故専門の弁護士に頼ることです。交通事故のむちうちは、一般社会でも、整形外科医の一部にも理解が得られにくい症状ですが、専門の弁護士はよくわかっています。むちうちの治療方法を熟知している整形外科医の存在も知っていますし、適切な医療が受けられるよう案内できますので、その段階からも、進むべき道を示してもらえます。被害者はある日突然事故に遭い、健康を奪われ、膨大な時間も失っているのですから、より早く適切な医療機関に通って元の体に戻れるよう治療しなければなりません。正当な補償も受けるべきです。そのためには、治せる整形外科に通うことが必要です。整骨院では治せても、後遺障害認定に必要な後遺障害診断書が出せないため、最善の道は治せる整形外科への通院となります。こうした案内は、どこもしてくれません。交通事故の被害者は、自賠責保険から一定の補償がなされるため、他の事故の被害者に比べてあまり同情されず、各方面から冷遇されるのが一般的です。親身なアドバイスが受けやすい状況にはありません。頼れるのは、自分が依頼した弁護士だけです。弁護士は、適切な治療の仕方、医療機関、後遺障害認定申請の方法などから助言をしますので、妥当な後遺障害認定も受けやすくなります。右も左もわからないまま、さまようようにむちうちの治療を続けていて、後遺障害認定が受けられる可能性はまずありません。