交通事故における警察と弁護士と保険のそれぞれの役割

“交通事故における警察と弁護士と保険会社の役割はそれぞれ異なります。まず交通事故が発生した時には弁護士にすぐに相談に行くのではなく警察に電話をしなくてはいけません。暗黙のルールとして警察に電話をするのは加害者側である場合が多いので、交通事故の加害者になった場合にはまず状況を正確に警察に伝える必要があります。警察が来ると事故の状況の検分が行われますので、これが終わった後に警察で事故がどのような原因で生じたのかが精査されます。後日に警察署に行くと、交通事故の被害者になったことの証明書をもらうことができますので、それを受け取って弁護士事務所に行くと良いでしょう。
ここで注意をしておかなくてはいけないのは、弁護士事務所に行く前にきちんと本人に過失が存在しないということを証明できる証拠を持っていくことです。交通事故では、過失割合という言葉が非常に重要視されますので、過失が被害者に存在しないということを証明する必要があります。過失割合の比重はそのまま慰謝料請求の金額にも大きな影響をあたえることになりますので、被害者側の過失が小さいとそれだけより大きなお金をもらうことが出来ます。具体的な証拠としては、自動車に設置されているドライブレコーダーを準備することが重要です。近年はドライブレコーダーさえあれば事故当時の状況を映像として残すことが出来ますので、被害者側が全く過失をとられることなく慰謝料を請求することも出来ます。
そして、弁護士に相談をする時には保険会社に対して慰謝料の請求をする必要があります。加害者本人に交通事故の慰謝料の請求をするわけではないということをしっかりと覚えておきましょう。この保険会社は、自賠責保険ではなく民間の保険会社であることが大半であるため、弁護士を通してケガの程度や治療期間、過失割合などを含めた慰謝料金額をここに請求する必要があります。殆どのケースでは弁護士を通した示談交渉が行われますので、そのための準備を依頼人の方からしておくことが大切です。