過失割合を決めているのは保険会社

交通事故が発生した場合には、基本的には過失割合というのが存在しており、それに基づいて保険金の支払いが決まるようになっています。そこで気になる点があると思いますが、過失割合というのは誰が決めているのでしょうか。中には警察が決めていると思っている人もいるようですが、警察というのは事故の検分や処理などを行うのが仕事なので、過失割合を決めてはいません。そのため、警察官は当事者同士で示談を行うようにと言ってきます。

では被害者と加害者で決めるのかというと、そういうわけでもないのです。被害者と加害者で過失割合を決めてしまうようでは、被害者の思い通りになってしまう場合が多く、自分にも過失があるのにもみ消されてしまうことになるでしょう。では、どこが決めているのかというと、加害者が加入している保険会社が決めているのです。交通事故が発生して、慰謝料や修理代などを請求する場合、加害者に請求をしても十分な金額が払えない場合が多いのです。

ちょっとした物損事故であればまだしも、人身事故の場合には高額賠償をするケースが多いので、通常は保険を使うことが多いでしょう。しかも被害者が加害者の加入している保険会社と話し合いをして決めるようになっているので、交通事故に関しての知識もあり、交渉力も高い保険会社の方が有利になるのです。しかも保険会社はできる限り保険料を支払いたくないと考えているので、当然加入している加害者の味方をすることは確実でしょう。

そうなると十分な保険料を支払ってもらえなくなるので、被害者は過失割合に納得がいかない場合、弁護士に依頼することが多くなっているのです。弁護士も交渉のプロですし、法律に関しての知識も豊富なので、保険会社との話し合いに弁護士が加入してくると、強硬策に出てこないことが多くなります。ただし、必ずしも弁護士に依頼すれば、満足の行く保険料を支払ってもらえるとは限りませんので、できる限り交通事故に詳しく、信頼できる弁護士に依頼する必要があるのです。