もめることが多い過失割合

交通事故が発生し、保険会社から保険金を支払ってもらう場合には、過失割合というのがとても重要になります。過失割合というのは、被害者と加害者にどれぐらい過失があったのかということなのですが、この過失が多い方が加害者となり、少ない方が被害者となるのが一般的です。しかし、過失割合に納得がいかない場合もあるでしょうが、このようなときには自分で何とかしようと思っても難しいので、交通事故に詳しい弁護士に依頼しましょう。

中には明らかに自分は被害者で、一切過失がないと考えている人も多いのですが、このような場合でも、前方不注意などで自分にも過失があったとされてしまうことが多くなっています。しかも過失割合というのは自分で決めることはできません。では、どのようなときに被害者の過失が0パーセントになり、加害者の過失が100パーセントになるのでしょうか。例えば信号待ちで停車していた、駐車場に停車していた車に追突した場合です。

このようなときにはかなり高い確率で10対0になるのですが、走っている最中では難しいでしょう。明らかに後ろからぶつかってきた車が車間距離を取っておらず、煽るような走行をしていたとしても、急ブレーキをかけたから追突されたのではないか、制限速度よりもかなり遅いスピードで走行し、後ろに迷惑をかけていたのではないかと言われてしまうこともあるのです。ただし、過失割合がこのようになっているから、これだけしか保険料が支払われないというわけではありません。

あくまで過失割合というのは基準の数値なので、それで全てが決まってしまうわけではないのです。そのため、納得がいかないと主張することも可能になっているのですが、やはり弁護士がいなければ、覆すのは難しいでしょう。なぜなら過失割合というのは保険金を支払う保険会社が提示するからです。加害者が提示するならばともかく、保険会社はできる限り支払う保険金を少なくしたいので、弁護士でなければ覆すのが難しいのです。