最も交通事故が多くなる年末

交通事故には発生しやすい時間帯があるように、発生しやすい季節も存在しています。1年間で最も交通事故が多くなるのは12月です。ようするに年末に最も交通事故が多くなるのですが、この時期になると交通事故が発生したという通報も多く寄せられますし、弁護士に交通事故に関する相談が寄せられる件数も多くなっているのです。なぜ12月が最も交通事故が多くなるのでしょうか。その理由はいくつか考えられるのですが、1つずつ見ていきましょう。

1つ目は年末になると仕事が忙しくなる会社が多くなります。仕事が忙しくなれば、残業が多くなって帰りが遅くなります。それが連日のように続けば、当然疲れてきて判断力が鈍ってしまうので、交通事故が多くなってしまうのです。2つ目は12月というのは最も日照時間が短いときなので、すぐに暗くなってしまいます。しかし、毎日通勤している道だからと言って、暗くなっても全く注意することなく普段通りに車を運転するので、交通事故が多くなるのです。

3つ目は12月と言えば忘年会のシーズンになります。最近はあまり新年会は行わないことが増えているものの、忘年会は現在でもよく行われています。そうするとお酒を飲む機会が増えるので、飲酒運転をしてしまう人が増えることも交通事故が増えてしまう原因だと言えるでしょう。さらに車は十分に注意して運転していても、酔っぱらった歩行者が信号無視をする、横断禁止の道路を渡るなどの不注意が多くなります。これらも交通事故が増える原因です。

このように12月には交通事故が増えてしまう原因がいくつか存在しているので、1年の内で最も多くなるのでしょう。このような時期は普段よりもさらに注意して運転をする必要があります。もちろん交通事故を起こさないようにすることが最も重要なのですが、車を運転する場合には、万が一のときを考えて、交通事故に詳しい弁護士をあらかじめ探しておくとよいでしょう。そうすればいざというときにすぐ弁護士へ相談することができます。