弁護士に交通事故示談を依頼するメリット

交通事故むちうち

保険会社のプロとの示談交渉は簡単ではない

普通に生活していれば、法律関係の仕事についていない限りは、交通事故についての法的な知識とは無縁といえます。交通事故に遭ってからインターネットや、本屋などで情報を入手したとしてもテストの前の一夜漬けのようなもので、役には立ちません。示談交渉をしている相手が一般人なら通じる可能性はありますが、ここ最近の例によると、事故の当事者や加害者が直接示談交渉をすることはないようです。話合いの席に顔を出すのは、加害者が加入している保険会社の示談交渉専門の人間か、加害者が雇い入れた弁護士の場合が多いです。法律の専門家とも言える相手に、生半可な知識を持って挑んだとしても、満足のいく交通事故示談金を得ることは非常に厳しいです。

示談では、感情的になったらまけですから、論理的に攻める必要があります。つまり、判例ベースとか、法律に照らしてとか、医学的には症状を訴えて書類ベースで行う必要があります。基本、電話ベースで交渉は行いますから、素人相手には保険会社かなり強気、あるいは高圧的に自分の論理をぶつけてくることが多いのです。

当然、被害者側は、理論武装できる交渉代理人を雇った方が、安全になるといえるでしょう。交通事故は、数多く日本で起きているので、この場合は、これぐらいが妥当であるという基準を保険会社が設けています。しかし、当然考慮すべき、主張すべき項目があります。

自動車側は、速度を出しすぎていたとか、夜なのにライトをつけていなかったなど、減点項目があるのですが、被害者側の過失ばかりを指摘するケースもなくはありません。こちら側が主張すべきは主張しないとなりませんが、プロ相手の交渉は非常に精神的な負担が生じますので、この額ではやく示談してしまおうかと安い損害賠償額で示談してしまうケースが少なくありません。

交通事故弁護士に依頼すれば示談金増額に

交通事故弁護士に交通事故示談を依頼した場合は、法律に沿った交渉を進めることが出来て、適正といえる示談金をもらえる可能性が上がります。被害者が受け取る損害賠償金には、いくつかに分かれた損害賠償額の指針があります。自賠責基準、弁護士基準、任意保険の3つの基準があり、その中でも自賠責基準は最も低い金額となります。

加害者からすれば、保険金の支払いを少しでも下げたいというのが本音です。それが保険会社の示談交渉専門の人間の仕事でもあるので、被害者が直接交渉すれば相当に安い値段で示談をまとめてしまうこともあります。その時は自賠責基準の金額で成立するかもしれません。そこで、弁護士を代理人にすると、過去の交通事故の判例を基準とした弁護士基準という、最も高い金額の示談金をもらえる可能性が出てきます。ただ、弁護士が要望する金額そのままで決着する事は滅多にないので、任意保険基準と弁護士基準の間の価格で和解が成立することができます。

また、交通事故などで怪我をして入院をしているときにも弁護士に示談交渉を依頼していれば、安心して治療に専念できます。面倒な手続きなども全て行ってくれるので、これらも依頼をしたときのメリットといえるでしょう。被害者は、人身事故で精神的にもつらい状態ですから、交渉は第三者にまかせるほうがメリットが大きいのです。

弁護士費用特約に加入していれば、無料で弁護士に依頼することも可能なのです。