過失割合を決めているのは保険会社

交通事故が発生した場合には、基本的には過失割合というのが存在しており、それに基づいて保険金の支払いが決まるようになっています。そこで気になる点があると思いますが、過失割合というのは誰が決めているのでしょうか。中には警察が決めていると思っている人もいるようですが、警察というのは事故の検分や処理などを行うのが仕事なので、過失割合を決めてはいません。そのため、警察官は当事者同士で示談を行うようにと言ってきます。

では被害者と加害者で決めるのかというと、そういうわけでもないのです。被害者と加害者で過失割合を決めてしまうようでは、被害者の思い通りになってしまう場合が多く、自分にも過失があるのにもみ消されてしまうことになるでしょう。では、どこが決めているのかというと、加害者が加入している保険会社が決めているのです。交通事故が発生して、慰謝料や修理代などを請求する場合、加害者に請求をしても十分な金額が払えない場合が多いのです。

ちょっとした物損事故であればまだしも、人身事故の場合には高額賠償をするケースが多いので、通常は保険を使うことが多いでしょう。しかも被害者が加害者の加入している保険会社と話し合いをして決めるようになっているので、交通事故に関しての知識もあり、交渉力も高い保険会社の方が有利になるのです。しかも保険会社はできる限り保険料を支払いたくないと考えているので、当然加入している加害者の味方をすることは確実でしょう。

そうなると十分な保険料を支払ってもらえなくなるので、被害者は過失割合に納得がいかない場合、弁護士に依頼することが多くなっているのです。弁護士も交渉のプロですし、法律に関しての知識も豊富なので、保険会社との話し合いに弁護士が加入してくると、強硬策に出てこないことが多くなります。ただし、必ずしも弁護士に依頼すれば、満足の行く保険料を支払ってもらえるとは限りませんので、できる限り交通事故に詳しく、信頼できる弁護士に依頼する必要があるのです。

もめることが多い過失割合

交通事故が発生し、保険会社から保険金を支払ってもらう場合には、過失割合というのがとても重要になります。過失割合というのは、被害者と加害者にどれぐらい過失があったのかということなのですが、この過失が多い方が加害者となり、少ない方が被害者となるのが一般的です。しかし、過失割合に納得がいかない場合もあるでしょうが、このようなときには自分で何とかしようと思っても難しいので、交通事故に詳しい弁護士に依頼しましょう。

中には明らかに自分は被害者で、一切過失がないと考えている人も多いのですが、このような場合でも、前方不注意などで自分にも過失があったとされてしまうことが多くなっています。しかも過失割合というのは自分で決めることはできません。では、どのようなときに被害者の過失が0パーセントになり、加害者の過失が100パーセントになるのでしょうか。例えば信号待ちで停車していた、駐車場に停車していた車に追突した場合です。

このようなときにはかなり高い確率で10対0になるのですが、走っている最中では難しいでしょう。明らかに後ろからぶつかってきた車が車間距離を取っておらず、煽るような走行をしていたとしても、急ブレーキをかけたから追突されたのではないか、制限速度よりもかなり遅いスピードで走行し、後ろに迷惑をかけていたのではないかと言われてしまうこともあるのです。ただし、過失割合がこのようになっているから、これだけしか保険料が支払われないというわけではありません。

あくまで過失割合というのは基準の数値なので、それで全てが決まってしまうわけではないのです。そのため、納得がいかないと主張することも可能になっているのですが、やはり弁護士がいなければ、覆すのは難しいでしょう。なぜなら過失割合というのは保険金を支払う保険会社が提示するからです。加害者が提示するならばともかく、保険会社はできる限り支払う保険金を少なくしたいので、弁護士でなければ覆すのが難しいのです。

駐車場内の交通事故も多い

交通事故が最も多いのは交差点なのですが、意外と駐車場での交通事故も多くなっているのです。駐車場はゆっくりと走行するので、交通事故が少ないと思っている人もいるでしょうが、なぜ駐車場での交通事故が多いのでしょうか。駐車場に車を止める場合、バックで駐車をすることが多いでしょう。人によってはバックが苦手な場合もあり、ずっと後ろに目が行ってしまい、周りが見えなくなってしまうことで歩いてきた人にぶつけてしまうというケースもあります。

また、たくさん車が止まっているため、発車するときに車の陰から子供が飛び出してくるなどの事故も発生しているのです。普通駐車場で子供を遊ばせないように注意するのが当然なのですが、親は子供のことをそっちのけで、他の人と話していることが多くなっています。きちんと駐車場で遊んではいけないと注意できない親も問題でしょう。さらに相手が止まって譲ってくれるだろうと思い込んでいる人が多いのも、交通事故が多い理由の1つです。

しかも駐車場では人身事故だけではなく、物損事故も発生しやすくなっています。狭い場所に無理やり入れようとした場合や、隣に止めてある車が線をはみ出しているということもよくあります。逆に人身事故よりも物損事故が多いのも駐車場だと言えるでしょう。中には駐車場で死亡事故が発生した例もあるのですが、ゆっくり走行するから安全というわけではありません。しっかりと車を止めるまでは、交通事故が発生する危険があることを忘れないようにしましょう。

駐車場での交通事故は、子供の飛び出しなどを除けばドライバーが加害者になるケースが多いと言えます。駐車場で交通事故が発生した場合でも、きちんと警察に届けて、相手ともめた場合には弁護士に相談するようにしましょう。駐車場では大事故になるケースは比較的少ないので、あまり弁護士に相談する人はいないでしょうが、中には止めたときに誰かが車にぶつかってきて、文句をいうような人もいます。このようなときにも弁護士に相談するべきでしょう。

最も交通事故が多くなる年末

交通事故には発生しやすい時間帯があるように、発生しやすい季節も存在しています。1年間で最も交通事故が多くなるのは12月です。ようするに年末に最も交通事故が多くなるのですが、この時期になると交通事故が発生したという通報も多く寄せられますし、弁護士に交通事故に関する相談が寄せられる件数も多くなっているのです。なぜ12月が最も交通事故が多くなるのでしょうか。その理由はいくつか考えられるのですが、1つずつ見ていきましょう。

1つ目は年末になると仕事が忙しくなる会社が多くなります。仕事が忙しくなれば、残業が多くなって帰りが遅くなります。それが連日のように続けば、当然疲れてきて判断力が鈍ってしまうので、交通事故が多くなってしまうのです。2つ目は12月というのは最も日照時間が短いときなので、すぐに暗くなってしまいます。しかし、毎日通勤している道だからと言って、暗くなっても全く注意することなく普段通りに車を運転するので、交通事故が多くなるのです。

3つ目は12月と言えば忘年会のシーズンになります。最近はあまり新年会は行わないことが増えているものの、忘年会は現在でもよく行われています。そうするとお酒を飲む機会が増えるので、飲酒運転をしてしまう人が増えることも交通事故が増えてしまう原因だと言えるでしょう。さらに車は十分に注意して運転していても、酔っぱらった歩行者が信号無視をする、横断禁止の道路を渡るなどの不注意が多くなります。これらも交通事故が増える原因です。

このように12月には交通事故が増えてしまう原因がいくつか存在しているので、1年の内で最も多くなるのでしょう。このような時期は普段よりもさらに注意して運転をする必要があります。もちろん交通事故を起こさないようにすることが最も重要なのですが、車を運転する場合には、万が一のときを考えて、交通事故に詳しい弁護士をあらかじめ探しておくとよいでしょう。そうすればいざというときにすぐ弁護士へ相談することができます。

物損事故か人身事故でもめることもある

交通事故の場合には、大きく分けると2種類存在しています。1つは物損事故で、もう1つは人身事故です。この2つで異なっている点は、物が壊れるだけで済んでいるかです。物が壊れるだけで済んでいれば物損事故になりますし、人が軽傷であってもケガをしていれば人身事故になります。しかし、この人身事故と物損事故の判断が難しい場合も存在しているのです。例えば信号で停止をしている車に対して、後ろから別の車がぶつかってきたとしましょう。

スピードは20キロぐらいなので、それほど激しく衝突したというわけではありません。しかし、被害者の方は後遺症が出てしまう可能性があると言って、人身事故にしたがることもありますし、加害者の方は全然外傷がないのだから物損事故だと主張することもあるでしょう。しかも後遺症というのはその場では自分自身でも判断できないことが多いのです。ここで重要なことがあるのですが、通常交通事故が発生したら、事故の大小に関係なく警察を呼ぶのが普通です。

しかし、軽くぶつかった程度で相手がきちんと謝り、車の修理代を支払うと言ってくれば、警察に届けないこともあるでしょう。この場合には事故が発生したという証拠が残りませんので、人身事故や物損事故に関係なく必ず警察には届ける必要あります。他にもその場で救急車を使って病院へ行くことも人身事故と認定してもらうためには必要不可欠です。なぜなら後から病院へ行ったとしても、交通事故が原因で病院へ行ったという証明ができないからです。

よって後遺症の心配があるのであれば、その場で病院へ行って検査を受ける必要があります。このとき検査結果が出て、後遺症でないとわかっても人身事故扱いになってしまうので、加害者が当然不利になるでしょう。このように物損事故にするべきか人身事故にするべきかでもめてしまうこともよくあるので、このような場合にも弁護士に相談するのが有効的です。加害者であっても弁護士に相談することは可能なので、何でも相手の言いなりになっていることはありません。

交通事故に遭いやすい場所を把握しておく

交通事故対策として有効的な方法は、任意保険に加入しておく、万が一のときのことを考えて弁護士を探しておくなどがあります。しかし、最大の交通事故対策というのは、交通事故に遭わないようにすることです。そのためには、どのような場所で交通事故に遭いやすいのかというのを知っておくことも重要でしょう。また、信頼できて万が一のときにも安心して任せられる弁護士を選ぶ基準として、ホームページに交通事故に遭わないための方法を記載していることが挙げられます。

弁護士は依頼してくれる人がいなければ収入がなくなってしまうので、中には被害者よりも報酬の方に目が行ってしまう人も残念ながらいるのです。しかし、このような弁護士には安心して依頼できないという人が多いでしょう。そこで弁護士のホームページをいろいろと見ていくと、交通事故に遭わないように注意するべきことを載せているようなサイトも存在しているのです。このようなサイトでよく紹介されているのが、交通事故に遭いやすい場所です。

最も交通事故が多く発生しているのは、やはり交差点になっています。しかも見通しがよくて信号が設置されている広い交差点よりも、見通しが悪くて信号が設置されていない上に、道幅の狭い交差点で交通事故が発生しやすくなっているのです。さらに交差点付近から直線方向にかなり見通しがよくなっている場合には、一時停止の白線を無視して直進する車や、白線がないからと言って、そのままのスピードで走り抜けていく人が多いのも問題でしょう。

向こうが止まってくれるだろうという思い込みが事故に繋がってしまうのです。このように交通事故が発生しやすい場所を知っておくことで、この交差点は危ないから注意して走行しようと考えるようになり、その結果交通事故の発生を防ぐことに繋がります。このような内容が記載されているホームページであれば、万が一交通事故が発生して困っているときであっても、安心して弁護士に任せることができるでしょう。